スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気温差はんぱねぇ

こんちくわ

今回はなんというか

愚痴みたいなものなので一応隠しておきます

僕はヘタレなので

ネタ以外で人に面と向かって嫌なことを言うのが得意じゃありません

であるからして、こういうところで書いていきます

↓↓↓

ちょっと前にちょろっと出したけれど

独り言についてです

皆さんは独り言についてどう思いますか

「独り言」でググったところ

独り言は依存症的ななにか とか

精神的な何やらが とか

いろいろあったんだけども

こんなページを見つけました



独り言の多い人は嫌われる

 長年生きていると、今まで気付かなかったことにふと気付く。「つまづいても、転倒しなかったら大人」とか、「スクランブル交差点を自分の思い通りに歩けなくなったら年をとった証拠」などと勝手に思っていたが、もう一つ気付いた。「独り言の多い人は嫌われる」というものである。なお、ここでは統合失調症などの精神疾患などに罹患している人は除外する。
 
 今年は簡易ブログと称されている「ツイッター」が流行った。これは自分勝手につぶやけばよいので、ブログやmixiのような日記よりも気楽に情報発信ができる。ブログが「日記型簡易ホームページ」のような呼ばれ方をしているが、それを考えれば、はるかに簡易な発信手段である。相手にコメントを強要しないという部分が気楽なのである。
 
 しかし、目の前で独り言を言うことが多い人というのはちょっとやっかいである。独り言というのはブツブツ呟くわけだが、そのため声量は小さい。ただ、近くにいるとこちらに話しかけているのか、ただのつぶやきなのかがはっきりしないため、常にこちらも注意を払って耳を傾けておかなければならず、疲れるのである。 
 
 さらに、その独り言の延長で突然会話が始まると、「え?なに?」と聞き返すことになる。呟いている本人は、”さっきまでは独り言だが、今のは会話”という状態なので、声が小さくて聞き取れない。
 
 察するに独り言をいう人は、その目的が「意思の確認」「愚痴」といったところが多く、他を受け入れない排他的で自己陶酔が凄まじい。自分で呟いて”確認”しているので、その信念たるや強力である。ゆえに周りから反感を買おうとも自分の意見を曲げることはしないため、彼らのつぶやきに疲れた人はそのつぶやきすら耳を傾けなくなり、面倒なのでその人から去っていくことになる。

 そうした人たちに対しても不満を口にし、つぶやきは加速する。そして同じ事の繰り返しなので、負のスパイラルに陥る。
 
 そんな彼らにぜひツイッターを勧めたいところであるが、彼らはきっとしないであろう。自分で呟いたほうが速いし、”確認”のためのつぶやきなので、”何となく情報発信”のツイッターは向いていないのである。周りにいませんか、独り言の多い人。少なくとも、独り言を言う人で皆に好かれている人を私は見たり聞いたりしたことがない。




もっともだ と思いました





周りには聞こえないように小さく呟いてるつもりでも

むしろそのボソボソ感がより不快感を煽るよね



喋り方っていうのは

直そうと思っても難しいところがあると思うけれど

独り言 って

意識すれば治せるLvなんじゃないかと思うんだよね

もう年寄りで とか

重度な病気 なところまで行くとわからないけど

↑にも書いてあったけど

今のご時世

mixiやらTwitterやらFacebookやら

独り言にはもってこいなものがあるんだから

リアルでする必要なくない?

こういうブログでもいいしね

見る人が不快に思うならもう来なくなるだけだし



僕的には

自分が何気なく考えてることを周りに知られていると思うと

嫌だね

ツイッターやブログのように

あえて外に出すような物以外は

変な妄想知られてもね・・・

あ、ミントさんは別よ?大歓迎



おそらく僕にも

自分ではとくに意識していないところで

周りの人を不快にさせてしまう言動があるんだろうな とは思うので

あまりこういった事を言うのもアレなんだけれど



あ、でも生理現象は仕方がないよね?

もちろんちょっとくらいは我慢するべきなんだろうけどさ

コメントの投稿

非公開コメント

追記

そういえば、この前 父親がこんな話をしてた

仕事帰りの夜
若い女性ドラバーが無灯火で走ってて
存在に気づかずにぶつかりそうになった
そのあとも何度も周りの車とぶつかりそうになったりしても
一向にライトをつけない
最後にはトラックの運ちゃんに止められて注意されていた

と。
そして俺は言った
「自分の周りが明らかにおかしい時は、自分が原因であることを考えるべきだ」と。
自分が原因だ と決める必要はないが
原因である可能性があることを考えるべき
むしろ
自分は何も悪くない と当然のように思えることが
俺には理解できないな
まぁ俺はちょっと疑心暗鬼な感があるけど・・・

No title

確認・愚痴の内向けな独り言と、ツイッターの外向けなものは正反対だから一緒にはできないね。

独り言の分類に当てはまるかは分からないけど、「やったー!」とか「すげー」とかまぁ、適当な例だけどポジティブな発言が出てきちゃうのは聞いていてもそんなに気分悪く無いと思う。

結局、独り言にしても通常の会話にしても、ボソッと言ったり、ネガティブ発言ばっかりしているのは良く無い。
独り言が良い悪いじゃなくて、結局内容なんじゃないかな。
特に独り言は人間が出るのかも知れぬ。

だから私はダメなんだな。

独り言で自然にネットスラングが出てくるやつは末期

No title

ネットスラングは脳内じゃ全然使わないな
出すときにあえて出してる感じ
何にしても、TPOをわきまえろと
プロフィール

riku

Author:riku
どうもrikuです

一言で言うとダメ人間です

趣味    ゲーム全般
      アニメ・音楽鑑賞
      ちょこっとミリタリー
      国内旅行
      ドール
      カメラ(一眼初級)
     

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。